人気ブログランキング |

クロサイ ブログ ~フウカの種~


国内のサイ状況から野生のサイの密猟現状まで幅広く
by Rhino pentarou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by pentarou_2010 at 23:38
広島県民さんコメントあり..
by pentarou_2010 at 19:02
ハナさんが、9月8日に5..
by 広島県民 at 09:03
コメントありがとうござい..
by pentarou_2010 at 23:37
そうだったんですね…。残..
by kazz_amemori at 12:53
タグ

サヨウナラ、マレーシア最後のスマトラサイのオス

2019年5月27日 今日の正午頃にマレーシアに2頭しか残っていないスマトラサイの(オス、メス各1頭)オスのタム(Tam :推定30代半ば)が亡くなりました。
a0313880_20020004.jpg
彼は2008年、マレーシアのサバ州ケルタムにあるアブラヤシ農園をふらついているところを保護目的で捕獲された。



捕獲時、彼は推定20代半ばでした。



彼がサバ州にあるタビン スマトラサイ サンクチュアリにいる頃に、2011年(捕獲)にメスの Puntung (2017年 癌で安楽死)、2014年(捕獲)にメスの Iman は現在もいます。



しかし、2017年12月に Iman は子宮内腫瘍から大量出血を起こし、九死に一生を得ましたがタムと種を残すことは出来ません。



タムは4月の下旬から腎臓と肝臓が機能していないことに苦しんで、劇的に健康状態の悪化と食欲が落ちていきました。

a0313880_20512848.jpg

老年期である彼の最後の数週間、獣医師である Zainal Zaal Zahari Zainuddin 博士の下、最大の緩和ケアで見守り、5月27日にマレーシアで最後まで生き残ったオス、タムは合併症で旅立ちました。




マレーシアに残された個体はメスのIman、1頭のみとなり、野生のスマトラサイは2015年に絶滅宣言が出されています。





残りはインドネシアのわずかな個体群だけになってしまいました。







文章一部引用(Malay Mail)


# by pentarou_2010 | 2019-05-27 20:56 | 野生、保護区内のサイ | Comments(0)

残り68頭のジャワサイ

インドネシアのジャワ島にあるウジュン・クロン国立公園に極めて絶滅危惧種ジャワサイが生息し、保護している。




3月21日に、サイの保護部隊に幼いオスのジャワサイが泥沼で死亡しているのが発見された。


彼はManggala と呼ばれ識別されており、すぐにジャワサイの保護に関与している団体の混合獣医チームが現場に駆けつけました。
a0313880_19413922.png
(写真:インドネシア環境省 より)



死体の解剖予備調査では身体は無傷で、感染で亡くなっていないことも分かりましたが、4月30日にインドネシアの環境省が5月7日に死亡原因について公式発表すると言いました。
a0313880_20004651.jpg


a0313880_20011834.jpg

しかし、当局関係者は彼の身体に少なくても7つの傷を発見しました。



ウジュン・クロン国立公園長はメディアに「大人のサイに襲われた可能性があります。傷は武器によって引き起こされたように見えない・・」と語った。




現在、推定で最低68頭以上、内訳はウジュン・クロン国立公園に大人が57頭、若い個体が11頭、オス 37頭、メス 31頭です。






文章引用&写真引用(Mongabay)


# by pentarou_2010 | 2019-05-04 20:15 | 野生、保護区内のサイ | Comments(0)

シロサイのThandi 3頭目の赤ちゃん誕生!!

密猟から奇跡の生存をしたシロサイのThandiに、3頭目の赤ちゃんが4月3日(水)に産まれました。


Thandiがいる南アフリカのカリエガ鳥獣保護区に水曜日、ガイドがThandiを見た後に、小さい赤ちゃんが続いて現れた。
a0313880_20332659.jpeg

2012年3月2日にThandiとオス2頭はサイ密猟者達に、容赦ない攻撃を受け1頭のオス死亡、もう1頭のオスが後に死亡。Thandiは、瀕死の状態のなか、奇跡的に生存し、当時では先駆け的な皮膚移植手術などの手術を約2年間の間、繰り返しました。
a0313880_20422404.jpg
(密猟されたときのThandi)





持ち前の力強さが、愛と勇気(Thandiの名前の意味)へと

Thandiは、これまで密猟に遭って生き残った初めてのサイとして彼女の物語は世界中で有名になりました。


2015年1月12日に密猟から3年も経たないうちに、1頭目のメス(Thembiちゃん)を出産しました。


Thandiの2頭目の子は、2017年1月24日にはオス(Colinくん)を出産。


そして今回、2019年4月3日に3頭目のオス(Mthethoくん: 南アフリカ公用語のコサ語で正義の意味)が誕生しました。
a0313880_20552337.jpg


実は4月3日に、南アフリカで悪名高いサイ密猟ギャングの3名が裁判所で、それぞれ懲役25年を言い渡された。

なので、3頭目の赤ちゃんの名前の意味に正義とつけられた。

13件のサイ密猟と55件の罪に問われた、このギャング達はThandiの密猟にも関与した疑いも、持たれている。

やはり、正義は最後に勝つのだ。


a0313880_21013595.jpg








# by pentarou_2010 | 2019-04-08 21:04 | 野生、保護区内のサイ | Comments(0)

のんほいパーク サイ保護イベント 2019.3.23

愛知県の豊橋市にある、のんほいパークに行ってきました。

のんほいパークとNPO法人 アフリカゾウの涙 主催のサイ保護イベント 「アフリカのサイが泣いてる」~彼らの今と未来~ の、お手伝いをさせていただくために、初めて訪れました。

a0313880_19495463.jpg

ここには3頭のシロサイがいます。
a0313880_19572344.jpg

(まずは、左にオスのトム 28歳、右のタンディさん28歳)


紹介版に書いているとおり、簡単に見分けれます!
a0313880_20011749.jpg

そして、2018年の9月18日に南アフリカから来園したソフィアちゃん(メス 3歳:2016.2.19生まれ)は、本日はバックヤードの日でしたよ。(泣)
a0313880_20093910.jpg

早速、もう始まっている保護イベントをお手伝いさせていただくために、のんほいパーク職員様と尊敬するアフリカゾウの涙のサイ担当責任者に挨拶し、来園者の方にサイの現状を折り紙やクイズ正解でポストカードをプレゼントするなどの流れをつかんで、一生懸命にサイの現状を情熱と聞いていただく来園者の方々に合わせて、お話をさせて頂きました。

a0313880_20203855.jpg
a0313880_20213096.jpg
a0313880_20221813.jpg

2018年、地球上のサイの生息数の約80%が生息する南アフリカで起きた密猟数で死んだ数と同じ769頭のサイの折り紙です。

a0313880_20271283.jpg
a0313880_20281814.jpg

のんほいパークパーク盛り上げ隊の皆様のお力添えもあり、想像以上の来園者の皆様の熱気で午後1時半頃にはカラオケ2時間コースで歌ったほどの喉の感じになるほど!! そろそろ最後にたかじんの歌、入れよってなるころですが、それほど のんほいパークの来園者は子供からカップルから、ご夫婦から逆に質問を受けるほどの熱心ぶりにものすごく胸が熱くなりました。

a0313880_20423913.jpg

a0313880_20443735.jpg
その頃、トムとタンディさんが角突きのスパーリングを始めていました。

a0313880_20464816.jpg
(左、トム 右、タンディさん)


a0313880_20484037.jpg
これは、以前にここで亡くなったメスの角です。

a0313880_20504804.jpg
角の下あたりが、毛埃というかケバケバになっているのがお分かりでしょうか~?

サイの角に薬効がないのは、人間の爪や髪の毛と同じタンパク質のケラチンだからです。

ベトナムや中国では、デマを信じている人も、デマを信じていない人もサイの角を欲しがっています。


薬効を信じていない人は、投機商品として違法所持しています。

薬効を信じている人は、風邪からガンにまで効くと高い金を支払います。



伝統中国医療薬と信じた場合は、一回こっきりで病気は治ることは無いので、それを見越した買い方をします。

違法購買は継続するのがサイの角の密猟の厄介なとこです。


a0313880_20594180.jpg
トムとタンディさんたちは、ソフィアちゃんを気にしているようでした。


シロサイはサイのなかでも小さな群れで野生では生きています。


a0313880_21025718.jpg
あっという間に、午後4時になりました。

ほぼ途切れることなく、楽しくお手伝いさせていただきました。

初めて訪問した動物園でしたが、のんほいパークの来園者の意識の高さに感心し、こういった動物園の役目の1つである教育をきちんと普段からしてらっしゃる園だからかなと感じました。










# by pentarou_2010 | 2019-04-05 21:09 | のんほいパーク | Comments(0)

クロサイのマキさん 亡くなる

クロサイのマキさん(享年28歳)が2月26日(火)午後4時半に亡くなった。

マキさんのお姉さんの金沢動物園にいるローラさんには会ったことがあるが、マキさんには会ったことはなかった。


それでも、悲しくて考えて、ブログに書けなかった。


日本には亡きスーパークロサイのクロとハナのおかげで動物園で、クロサイを見て、会うことができる。


ただ、今は新しいクロとハナ以外の血統の個体が増えたが、それまでは、亡きクロとハナの国内にいる子孫に亡きバーバラ(メス)という個体の3頭の子供(すべてメス)をペアでやりくりしてきた。



バーバラの血を引く、亡き天王寺動物園のサッチャン、金沢動物園のローラさん、そして、マキさんが非常にクロとハナの子孫と共に種の多様性に貢献してくれた。(サッチャンは父親がちがいます)



死因は不明とのことだが、獣医師が園公式ブログで亡くなるまでを詳しく書いている。https://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/blog/staff/900/p074965.html


a0313880_22553296.jpg
(手前がペアのオス、メトロ。 奥、マキさん)    






a0313880_22584221.jpg
(子育て中の写真。マキさんと、右は鹿児島 平川動物公園へ出園したサニーちゃん)



マキさんは第二子のマロ(オス 上野動物園)と第五子のサニーちゃん以外は、3頭の子供を亡くしている。




 子供達がお母さんを呼んだのかな。



 ありがとうございます。 本当に、お疲れ様でした。


 安らかなるご冥福を心よりお祈りいたします。






文章引用、写真引用(かみね動物園)


# by pentarou_2010 | 2019-03-30 23:17 | かみね動物園 | Comments(0)


検索
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログパーツ