クロサイ ブログ ~フウカの種~


国内のサイ状況から野生のサイの密猟現状まで幅広く
by pentarou
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by pentarou_2010 at 23:37
そうだったんですね…。残..
by kazz_amemori at 12:53
本当ですね、長生きしてい..
by pentarou_2010 at 01:24
ハナさんのお祝いのセレモ..
by sainomimy at 00:28
kazz_amemori..
by pentarou_2010 at 07:30
タグ

おてんば サミアちゃん! 2017.3.20

国内で2番目に若い、3歳と6ヶ月の

クロサイのサミアちゃん!
a0313880_18555087.jpg


この日(春分の日)はナイトzooということで、

夜の8時まで開園していました


サミアちゃんは3歳なので、

大人のトミーと同じ感覚でカメラを構えていると、

好奇心旺盛で動きが速いのでシャッターチャンスを

逃してしまいます~(笑)

あ、駆け足ではなく、走っています~~!!
a0313880_19141315.jpg
太い丸太も角で持ち上げ倒し″エイッ!”と、
a0313880_19184923.jpg
a0313880_19195939.jpg
どうだとでも言わんばかりの、

右前足を丸太の上に乗せてのポーズ!




ここだけ見ればと~~っても、アグレシッシブです


しかし・・・実は、

よく何度も、何度も、サミアちゃんは鳴いているんです...
a0313880_19315269.jpg

よく動いているのですが、

出入り口に戻っては、現れる行動を繰り返していたんですね


そうです!

いつもの帰る時間になっても、

ナイトzoo営業なのでサイ舎内に帰れないので

ずっと鳴いているのですね(悲)

見ている人間は夜の動物園を楽しめるのですが、

やはり動物には負担なのです



ちょうど良いタイミングで、

親代わりな存在の優しい担当が現れました


サミアちゃんのために弁当箱の差し入れです!
a0313880_19430421.jpg
よかったね、サミアちゃん!!
a0313880_19445878.jpg
育ち盛りなので、食欲旺盛です
a0313880_19462744.jpg


この後、クロサイについてのガイドが始まり、

子供達の可愛い質問にもきちんと答えていました

そして、サイの密猟のツライ話しをきちんと

説明なされていました


ガイドをしながらサミアちゃんを撫でていると・・!!?
a0313880_19531599.jpg
あれ、あれ~~

気持ち良くなりだし~~
a0313880_19545598.jpg
a0313880_19560410.jpg
a0313880_19571286.jpg
a0313880_19581698.jpg
最後は気持ち良さと安心したのか体勢が崩れてしまいました~~(笑)


とっても素敵な光景でした





# by pentarou_2010 | 2017-03-22 20:00 | 天王寺動物園 | Comments(0)

仏の動物園でサイが密猟に遭った!

どこか気持ちのなかにあったこの予感が現実になった


とうとう動物園でサイの密猟が起こった!


フランスのパリにあるトワリー動物園で6日夜間、

シロサイの「バンス(4歳 オス)」に

何者かが頭に3発の銃弾を浴びせ、

チェーンソーでどちらか太い方の角を切断し、1本奪って逃げたと

殺された同園が7日、発表した
a0313880_19092486.jpg


殺害した者達は2本目を奪い切れずに逃走したと考えられている


警察当局の広報担当者は、「犯人達は夜間の正門をこじ開け、少なくても2箇所の扉を

破り侵入し、バンス以外にいたシロサイ2頭に対して密猟する余裕がなかった」と、

言った


ハンズ以外に同居しているシロサイのグレイシー37歳、ブルーノ5歳は惨事を間逃れました


サイの密猟戦争は激しく、そして動物園という安全だと思われている

場所へのテロ攻撃に幅を広げていっているのではないでしょうか...


当然、日本の動物園は大丈夫かといまでも思います


a0313880_19331812.jpg

トワリー動物園は車内から見るサファリ型で有名な動物園らしい

そのスタッフ全員がショックを受けているそうです


ハンズのためにも、密猟で世界を震わせることが

起きないことを願って止まない!!



記事引用(The Guardian,The Sun)より
写真引用(The Sun)より


# by pentarou_2010 | 2017-03-09 19:42 | 世界の動物園のサイ | Comments(0)

2016年の南アフリカ、サイ密猟数発表

世界中のサイの総生息数にあたる約80%のサイが

1国に集中している特別な国、南アフリカ共和国で、

2017年2月、南アフリカ共和国の環境省が、

2016年のサイの密猟数(サイが密猟で死んだ数)を

発表しました

1054頭です

a0313880_13061299.jpg
  (南アフリカで保護されている、密猟に遭った後、運良く助かったママと子供の写真)


密猟は減った?

実態は増えている!?

a0313880_13162791.jpg


2年前からほんの僅か、密猟頭数が少なくなっています、

昨年の密猟数より約10%少なくなっています


環境省のスポークスマンは、

「男性、女性共に、レンジャーがよくやってくれたおかげだ」

と、話した


しかし、震源地である世界最大の野生動物公園の1つである

クルーガー国立公園内への昨年の密猟関連活動が、

不法侵入、キャンプ、接触、横断、目撃、トラック侵入などの

2015年には襲撃が同じ期間に2 466件ありましたが、

2016年には2 883件あり、密猟活動は16.9%の増加していました




写真、記事、グラフ表引用(IoL News, WWF)より


# by pentarou_2010 | 2017-03-05 14:00 | 野生、保護区内のサイ | Comments(0)

密猟者達はサイ孤児院を襲った!!

武装した男性達はちょうど彼らの角を目的とした赤ん坊を殺すために

南アフリカで有名な、Thula Thula サイ孤児院を襲った!!

2月20日の夜のできごとでした
a0313880_18253352.jpg

"その最悪の悪夢は引き起こされました...


母親と共にいるときに、母親が密猟に遭い、

運良く一命を取りとめたサイの赤ちゃんを主に、

他の野生動物を含め、保護し、

リハビリテーションを設けている

Thula Thula サイ孤児院に、

武装した男の密猟者2名が突入し、

警備員を人質の盾にしながら、介護スタッフを縛り

防犯カメラを盗んで、

18カ月齢のシロサイになるオスのImpyとメスのGuguを目の前で撃った
a0313880_18371482.jpg
犯人達はそのうえわずか18ヶ月齢の2頭の角を残酷にも

取り除いた

そして、職員は危険な暴力を受け、

若い女性ボランティアは性的暴行を受けた!
a0313880_18443115.jpg


翌日、メスのGuguはすぐに撃たれた後死亡したが、

オスのImpyは重傷を負ったにもかかわらず生きていた

しかし、安楽死させなければいけないほど見込みのない酷い容態でした...


サイ孤児院のエグゼクティブ・ディレクターは、

ImpyとGuguはこの施設のなかでは角が大きかった

犯人達は18ヶ月齢の子の角を、お金に変えようとするのでしょう

大きいといっても孤児院のなかではで、角は小さいです
a0313880_18580771.jpg


ディレクターのTrendler氏は涙ながらに

「Impyは特に残酷な密猟から生き延びた。彼は母親の死体の傍に6日間一緒にいましたが、
 食べるためにちょっとだけ移動していました...明らかに非常に空腹で、非常に喉が渇い
 ていたので、私はまだ覚えています。ママを撃った場所には血が飛び散っていた。
 そして、彼は死体の体液をひどく嗅いでいた」


Trendler氏はまた、

彼女が最終的に守ることができなかった、Impyへの約束を思い出し、

涙しました




記事、写真引用(the dodo, Thula Thula Rhino Found, Rhinos in Afrika)より
 

# by pentarou_2010 | 2017-02-23 19:20 | 野生、保護区内のサイ | Comments(0)

遥かなるクロサイのフウカ

今年も2月16日(虹色の日)がきました

私が大好きな亡きクロサイのフウカの命日です
a0313880_13464375.jpg

可愛いなぁ~~~!!


今年のフウカへの報告はどうでしょうか?

昨年には希少なスマトラサイの赤ちゃん1頭が誕生しました

国内では、安佐動物公園でクロサイのメスが誕生しました

そして、あなたの弟が今年の1月2日に誕生しましたが、

産まれて3時間で、あなたの元へと旅立ちました

世界に目をむけると、南アフリカはいまだに

昨年の密猟頭数を発表できずにいます


サイは角による密猟戦争で、絶滅に追い込まれている象徴的な動物です

フウカが残した種を早く、

育てていけるように

良い報告がもっとできるように




# by pentarou_2010 | 2017-02-16 14:00 | 横浜市金沢動物園 | Comments(0)


検索
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログパーツ