クロサイ ブログ ~フウカの種~


国内のサイ状況から野生のサイの密猟現状まで幅広く
by pentarou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by pentarou_2010 at 23:37
そうだったんですね…。残..
by kazz_amemori at 12:53
本当ですね、長生きしてい..
by pentarou_2010 at 01:24
ハナさんのお祝いのセレモ..
by sainomimy at 00:28
kazz_amemori..
by pentarou_2010 at 07:30
タグ

キタスマトラサイ

 現在、絶滅危惧種スマトラサイは約100頭から100頭未満の生息数といわれている。


 キタスマトラサイ(Northern Sumatran rhinoceros)と呼ばれているスマトラサイ

 スマトラサイの亜種は現在、3種に分けられており、インドネシアとマレーシアに残るわずか3頭以外にもアジアの国々に生息していました。

 キタスマトラサイはインド、バングラデシュ、インドシナ半島、ブータン、中国の内モンゴル、ミャンマーなどで生息していたらしい。


 (上下とも英国、ロンドン動物園での写真。上の写真の個体詳細は不明だが、バングラデシュで1868年に捕獲されたオスとメスのペアが、1872年にロンドン動物園へと移されました。そのペアのオスだと思います。下の写真は1872年2月15日~1900年8月31日まで飼育されていたキタスマトラサイのメスの″Begum″という愛称の個体)
a0313880_15023632.jpg
a0313880_15033110.jpg

 キタスマトラサイの繁殖については1889年に、インドのアリポーア動物園で出産した以外ないとのことです。

 
 20世紀初めに完全絶滅をあらゆる生息国で宣言されましたが、IUCN(国際自然保護連合)ではミャンマーにわずかながら野生個体が生息する可能性があるのではということで、今でもキタスマトラサイは絶滅していないことになっている。

 
 しかし現在、キタスマトラサイの野生個体がミャンマーにいるのか?、レポートどころか、もうキタスマトラサイの情報すら飛び交っていない。


 
 ただ、彼らがなぜいなくなったのかは答えは1つです。

 生息国を植民地国にしていた支配国の狩猟文化、角に薬効があると迷信を信じての狩りなど、人間が関わったからなのです。

 
 
 




写真、記事引用(Northern Sumatran rhinoceros:Wikipedia)より



# by pentarou_2010 | 2017-11-30 16:03 | 野生、保護区内のサイ | Comments(0)

世界最長寿インドサイ大往生

 世界最長寿48歳 インドサイが亡くなりました。


 米、ロサンゼルス動物園のRanda(メス 48歳)が6日の朝、亡くなりました。

a0313880_22265302.png

 
 ロサンゼルス動物園の発表によると、年齢による食欲の不振、移動の困難度、採血による腎障害の悪化の結果などを考慮して、人道的に安楽死という難しい判断を下した。

a0313880_22372783.jpg

 Randaは、1969年10月5日にスイスの動物園で生まれた。

 絶滅を危惧する動物の親善大使として米、テキサス州にあるグラディス・ポーター動物園に移動した後、1974年にロサンゼルス動物園へと到着しました。

a0313880_22551805.png
 動物園によれば、Randaと彼女の飼育員はとても良好な関係でした。

 彼女は、彼女のプールで泳いで過ごし、メロンとリンゴを食べて過ごしたと言いました。



 Randaさん、長い間お疲れ様でした。

 安らかなるご冥福を心よりお祈りいたします。







 

# by pentarou_2010 | 2017-11-11 23:16 | 世界の動物園のサイ | Comments(0)

35歳の誕生日、クロサイのトミーおめでとう

我らがトミーが、35歳を迎えました。


トミーは、1982年(昭和57年 10月30日 生まれ)です。


 10月30日(ト・ミー)の日は今年は月曜日で休園日なので、2日前の台風が翌日に来そうな土曜日にトミーに会ってきました。

a0313880_09463325.jpg

 雨が降っています、サイは雨降りの日はとても活発に動く動物なので、是非、雨の日はサイがいたら活発になりますので見てください。


a0313880_09551946.jpg
 トミーもお昼すぎですが、雨なので普段と違って動いています~!

a0313880_09573959.jpg

 立ち上がっていましたよね!

 トミーは小腹が空いていたので、エサではなく展示場に生えている草を食べていました。

 ここは3頭のクロサイがいますが、トミーが一番、展示場にどこになにがあるのかを非常によく知っているのです!




a0313880_10041397.jpg
 ここはリニューアルしたレストランと販売ショップです。

 こちらはキッズ用のメニュー。


a0313880_10061295.jpg


 これは通常メニューです。
a0313880_10072820.jpg




 私はトミーから新しい宿題を頂きました。

 トミーは、よく私にいつも新しい行動の宿題を与えます。
a0313880_10180278.jpg


a0313880_10204287.jpg



 ここでずっと立ったまま・・数分間、動かないという行動なのですが、これは何なのでしょうか~?

 意味がある行動?・・、意味がなくても重要な行動?・・、足場を見てください


 ポイントは大好きな泥が深い状態の場所で立っているので、リラクゼーション効果、デトックス効果などを得ている状態なのではないかと思います。

 サイに関する医療的アプローチは、南アフリカ共和国などは先進国ですが、残念ながら日本の獣医学は非常に遅れています。


a0313880_10381425.jpg

 トミーは、1989(平成元)年9月18日、安佐動物公園から天王寺動物園に来園しました。

 亡き妻であるサッちゃんと共に、大阪の天王寺動物園を支え続けている希少な存在です。


a0313880_10461217.jpg
 トミーの特徴は、都会のど真ん中で癒しを与えてくれるパワーがあります。
a0313880_10495917.jpg
 上野動物園の夏休み明けの学校開始が嫌なら当園にいらっしゃいという大反響ツイートがありましたが、大阪でいじめや、人生の悩みを抱えているのなら、クロサイのトミーに会いに来てください!


 脂が乗った癒しオーラを出す、35歳のトミーをながめに来てください。



a0313880_10594481.jpg

 



# by pentarou_2010 | 2017-10-30 11:03 | 天王寺動物園 | Comments(0)

チャドに絶滅したクロサイを再導入決定!

アフリカの中央部にあるチャド共和国(通称 チャド)

 10月8日(日) 南アフリカ共和国から6頭のクロサイが来年、チャドに再導入されることで2国間の合意、調印しました。


 日曜日に両国の環境大臣は、「南アフリカから6頭のクロサイをチャドに移動(再導入)する覚書に署名した」と声明を出しました。



 チャドにはサイが生息していたが角を目的とした密猟により1972年、約45年前に最後のサイが目撃されて以降、完全絶滅していた。



 IUCN(国際自然保護連合)によると、南アフリカには1893頭の絶滅危惧種クロサイが生息しており、アフリカ全体には約5000頭が生息している。
a0313880_19243095.jpg

 サイの角は国際的な違法貿易が続き、長年にわたり様々な脅威の密猟に直面している。


 場所はチャドのザクーマ国立公園で、空輸での移動時期は来年の3~5月頃になる見通し。



 南アフリカでは世界の約80%のサイが生息していますが、ここ数年、記録的な密猟を受けています。



 密猟者たちはアフリカで、この10年間のあいだに約7100頭のサイを殺しました。




 角はベトナムや中国では伝統的な薬や媚薬として、いまだに高い評価を得ている。









# by pentarou_2010 | 2017-10-10 20:00 | 野生、保護区内のサイ | Comments(0)

いすゞ自動車がサイの保護活動

いすゞ自動車南アフリカ はサイの保護活動をしています


野生のサイは角を目的とした違法な密猟が原因で、極めて深刻な状態



世界で生息する野生のサイのうち約80%が、


アフリカの南アフリカ共和国に生息しており、


現在のほとんどの密猟は南アフリカを主に戦場としています
a0313880_15310978.jpg


サイを守る活動といっても幅広いのですが、


あらかじめ、サイが密猟から少しでも安全に守るために、角を人間が短くカットします


ヘリコプターから獣医が麻酔銃をサイに向け、鎮静剤を含んだ矢を放ちます!



それが効いてくると保護団体のチームがサイの角を短くカットします
a0313880_15581990.jpg

どこまで角を短くできるのかを知っていないとサイにとって危険なので、ベテランのスタッフやチームがやります
a0313880_16043305.jpg

a0313880_16065514.jpg

カットに使用する電動工具も1種類だけではないようですね
a0313880_16101868.jpg




最後まで気が抜けません

麻酔から目覚めないとサイは死んでしまいます

時間を費やしすぎて、同じ体勢でもサイは命の危険にさらされます

a0313880_16251425.jpg


起き上がって動いてくれれば無事に終了
a0313880_16273946.jpg



角は人の爪や髪の毛と同じケラチンというタンパク質です

ガンや風邪など、一切の薬効はありません


カットした角はまた伸びてきます


なので大変ですが、1年半から2年経てばまたカットします


サイは角で、コミュニケーション行動の1つとしても、他のサイたちと角突き遊びや意思表示行動、ときにはケンカもします


命を守るために、仕方なく角をカットします


これを1日で行うのは、数に限りがありますし、資金が要ります


今回、写真で紹介した南アフリカでサイの保護の取り組み活動を

いすゞ自動車 南アフリカ が、スポンサーとなり、

非営利野生動物保護団体の Nkombe Rhinoと3年前から続けています









# by pentarou_2010 | 2017-09-24 17:00 | 野生、保護区内のサイ | Comments(0)


検索
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログパーツ